【有馬記念】北島三郎の代表曲「まつり」のサインで有終「井崎脩五郎 競馬新理論」

「あっ、ヨサクの3文字が入ってる…」 キタサンブラックが大外一気の追い込みでデビュー勝ちし、2着にミッキージョイが入ったとき、その結果を見て、女性記者がそうつぶやいたのを覚えている。
1着 キタ「サ」ンブラッ「ク」
2着 ミッキージ「ョ」イ
 この、「」で囲った部分をご覧になっていただきたい。キタサンブラックのオーナー、北島三郎さんの代表曲のひとつである「与作」の「ヨ」「サ」「ク」が、1、2着馬の名前のなかに刻まれていたのである。ああ、競馬はうまく出来ているなあと思ったものだ。

 このキタサンブラックの初の重賞勝ちとなったスプリングSのときは、キタサンブラックがゼッケン1番、隣のゼッケン2番がマイネルシュバリエだった。
1番 キタサンブラ「ッ」ク
2番「マ」イネルシュバ「リ」エ
 ご覧のとおり、このときは、北島三郎さんの同じく代表曲のひとつである「まつり」の3文字が刻まれ、これから始めるキタサン祭りのサインを出していた。

■キタサンブラックのラストランは!?

 そのキタサンブラックのラストラン。おそらくは、キタサンブラックをはさんで、この枠組みになると予想する。
ヤ「マ」カ「ツ」エース
キタサンブラック
スワーヴ「リ」チャード
 これで有終のキタサン祭りだ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

Source: 日刊大衆

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account