かつて天神で15年ほど営業をしていた、カツ丼の名店「友楽」(福岡市中央区)。2016年8月に薬院の地へ移転リニューアルし、新たな地でもますます評判を呼んでいる。

【写真を見る】「かつ丼(汁物付き)」(1000円)。ご飯は同料金で、大盛り、普通、少なめから選べる

■ 3代目が受け継ぐ名店の味を堪能!

メニューは“カツ丼のみ”と潔い。価格は1000円で汁もの(みそ汁が多い)が付く。ご飯はお茶碗2杯ほどの「大盛り」、お茶碗1杯半ほどの「普通」、お茶碗1杯ほどの「少なめ」から、すべて同料金で量を選ぶことができる。

豚肉は霧島山麓で育った豚の肩ロース・リブロースを使用。ふわふわの卵と、しっかりと味付けしながらも、クド過ぎないダシが絶妙に合う。カツは食べやすいようにひと口サイズに切る心遣い。白い器に黄色の卵が映えておいしさが倍増する。

現在は3代目が店を切り盛り。天神時代はビジネス客が中心だったが、薬院に移転してからは県外から足を運ぶ観光客の姿も多くなったとか。店内はカウンター10席のみ。営業は15時までなので、早めの来店がおすすめだ。

マンションの1階にたたずむ店舗は、外見からはカツ丼が食べられるとは思いつかないようなスタイリッシュな外観。創業年の数字が入った、「友楽1948」の看板が目印になっている。カツ丼にすべてを注いだ「友楽」の渾身の一杯を存分に味わってみて。

[友楽]福岡県福岡市中央区薬院2-4-35 / 092-741-4810 / 11:30~15:00 / 月曜・日曜不定休

【九州ウォーカー編集部/取材・文=山本佳世、撮影=鍋田広一(パンフィールド)】(九州ウォーカー・山本佳世)

【関連記事】
【福岡のうまかもん】毎日食べたいコロッケと昔ながらのお総菜の店「今井商店」
【福岡のうまかもん】“盛り”が見事!捕れピチッの鮮度特級丼「柳橋食堂」
【福岡のうまかもん】美野島散策で欠かせない!老舗のレトログルメ「かどや食堂」
【福岡のうまかもん】西新商店街のソウルフード!半世紀以上愛され続ける名物「蜂楽饅頭」
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account