女子アナ「ぴちムチ」タイプが席巻中!?

 “マーサ”こと、フリーアナの高橋真麻(36)がブログで「たらふく焼肉を食べた翌朝の体重」が「55.7キロだった」と告白。その潔さ(?)が話題だ。「体重の増減が激しいのは彼女の“持ちネタ”。とはいえ、自ら体重を公表したのは、昨今の“ちょいポチャ”女子アナのブームが背景にあるんでしょう」(テレビ誌記者)

 マーサの身長は162センチ。55.7キロは太りすぎではないが、ムチムチだ。「ぶっちゃけキャラと豊満ボディが、マーサの人気の両輪になっている。そのことを、本人もよ~く分かっていますよ」

 芸能ライターの織田祐二氏がこう指摘する通り、今や“ややポチャ”は、女子アナにとって大きなアドバンテージ。色香あふれる“ぴちムチ”女子アナを追跡した!

■水卜麻美アナは大食いが止まらない

 ブームの源泉は誰あろう、日本テレビのミトちゃんこと、水卜麻美アナ(30)。昨年秋まで6年半の間、出演した『ヒルナンデス!』では、豪快な食べっぷりで大人気。ややポチャ、ときに“激ポチャ”となる彼女だが、昨秋から『スッキリ』に異動。食レポ仕事もゼロで、ボディも“スッキリ”かと思いきや、そうはならないのがミトちゃんのミトちゃんたるゆえん。

「『ヒルナンデス!』時代はランチをゆっくり食べられなかったので、“今は、昼ご飯を充実させることに命をかけている”そうです(笑)。実際、以前よりポッチャリしてますよ」と言うのは、女子アナ評論家の丸山大次郎氏で、「かつて人気女子アナといえば“スレンダーな美形”が定番でしたが、そこに風穴を開けたのが彼女。ポッチャリのほうが親しみやすさも湧くし、女性視聴者からのウケもいい。そのことを、水卜アナは身をもって証明したわけです」(前同)

 彼女のわがままボディが、女子アナのトレンドを変えたのだ。「昨年、『好きな女性アナウンサーランキング』でV5を達成し“殿堂入り”。ランキングを気にする必要がなくなったせいか、最近のミトちゃんは、仲の良い近藤春菜らと週末に食べまくっているそうです。そのせいか、週明けの彼女は、ポチャ感が倍増してるような気がします」(前出の織田氏)

 そんなミトちゃんの後釜になれそうなのが、同じ日テレの尾崎里紗アナ(25)。ムチムチ感は『ZIP!』を見れば一目瞭然。加えて、「『おしゃれイズム』(2月18日放送)に、尾崎アナ、先輩の岩本乃蒼アナ、鈴江奈々アナの3人が出演したんですが、期せずして、尾崎アナの“異常な食欲”が暴露され、業界は騒然としています」(芸能記者)

 鈴江アナによれば、尾崎アナは「ミトちゃんを超えるくらい食べる」「常に食べ物をカバンとかいろんな所に忍ばせていて、ポリポリ食べている」「入社以来、すくすく育っている」

 驚いて目を白黒させるMCの上田晋也が本人に聞くと、「入社してから二桁くらい太りました」 最近はスタイリストが用意する衣装も、「気がついたらウエストがゴムの服が増えてるなって。実は今日も、この下(のスカート)ゴムなんです」とブッチャける彼女に、スタジオは大爆笑。あっぱれと言うしかない。「日テレは朝から尾崎アナ、水卜アナと“ぴちムチ”女子アナが続く。狙ってるとしか思えません」(織田氏)

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2019 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account