コーヒーの世界は奥が深い。豆の挽き方や入れ方のわずかな違いで、大きく味が変わってしまう繊細な飲み物だ。おいしいコーヒーを求め、日々研究に励んでいる人も多いのではないか。そんなコーヒーマニアたちに、今日は革命的なコーヒーの入れ方をご紹介したい。

その入れ方を生み出したのは、なんとロバートの秋山竜次さんだ。正直、秋山さんにコーヒーのイメージはあまりないのだが、秋山さんが実践するコーヒーの入れ方を真似してみたところ、普通のコーヒーがまるで魔法にかかったかのように激ウマになったのである! ブックマーク必須だぞ!!

・ロバート秋山流「コーヒーの入れ方」

本題に入る前に、まずはこちらの動画をご覧いただきたい。今年で5年目を迎えた「ダイナマイトボートレース」の最新テレビCM『マスターの鼻歌』篇である。マスター役・秋山さんの挙動に要注目だ。

ボートレースの楽曲 ”見えないスタート” の替え歌を熱唱する秋山さん。コーヒー豆を挽きながら、秋山さんはこのように歌っている。

「なぜに~こんなにうまいの~? 私のつくった~コーヒーは~♪」

マジかよ……そんなにウマいのかよ……。じゃあ秋山さんみたいにコーヒーを入れたら、めっちゃウマくなるんじゃね?

・検証スタート

というわけで、実際に秋山さんっぽくコーヒーを入れてみることに。秋山さん役には、髪型がやや似ているという理由で編集長・GO羽鳥が選ばれた。果たして本当にコーヒーはおいしくなるのか? 驚きの結末は、動画『ロバート秋山流「コーヒーの入れ方」が激ウマ!』にてご確認いただきたい。Let’s drink together~♪

・気持ちが大事

GO羽鳥には秋山さん同様、歌いながらコーヒーを入れてもらう。もちろん、ただ歌うだけではダメだ。秋山さんのように感情を込め、コーヒーに語り掛けるように歌うことが、おいしくする秘訣なのである。

見た目から入った結果、“ただのヤバイおっさん” が爆誕してしまったのは想定外だったが、GO羽鳥は1人1人にコーヒーを手渡ししてくれた。その自信に満ちた表情に、自然と期待が高まる。

・飲んでみた

でき上がったコーヒーを一斉に飲み始める我々。その直後、場の空気が一変する。ウ……ウ……ウメェェェェェェエエエエ! なんという、なんというウマさ……!! 深く、それでいて豊かな味わいは、とても筆舌に尽くしがたいような気がしないでもない。普通のコーヒーがこんなにウマくなってしまうなんて、秋山さんは魔術師か何かか!?

・笑っちゃうくらいウマい

その圧倒的なおいしさにやられてしまった我々は、気付いた時には全員で羽鳥を胴上げしていた。そぉ~れ、わーーっしょい! わーーっしょい!! みんなが笑っている。GO羽鳥も笑っている。世界が、笑っている。

・やってみよう

そう、コーヒーをおいしく入れるのに高い豆や器具など必要ない。ロバート秋山さんのように入れる。ただそれだけで、魔法のようにおいしいコーヒーが飲めるのだ。みんなも「ダイナマイトボートレース」の新CM『マスターの鼻歌』篇を見て、ぜひ試してみてくれよな!

参考リンク:ダイナミックボートレース
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account