6月29日(金)に公開される映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。第71回カンヌ映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門で本作の特別上映が行われ、ワールドプレミアに続き、豪華キャスト陣がレッドカーペットに登場した。

本作は、『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描いた物語。ソロとその生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカの出会いや、悪友ランド・カルリジアンとのエピソードなどが紡ぎ出される。

会場となったのは、フランスのカンヌにあるパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ。過去に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』も上映された場所であり、会場前の石畳には様々な映画スターたちの手形がはめられている。その中には、『スター・ウォーズ』に多大な影響を与えた黒澤明の手形も残されている。まさにフランスの『スター・ウォ ーズ』の聖地で、本作も見事上映を迎えることとなった。

レッドカーペットイベントが始まると、ハン・ソロを演じるオールデン・エアエンライク、謎の美女キーラを演じたエミリア・クラーク、ロン・ハワード監督、ランド・カルリジアン役のドナルド・グローヴァーら豪華キャスト陣が登場。“正装”したチューバッカは劇中では見せないイケメン姿で登場し、大きな歓声と拍手を浴びて一際目立っていた。

エアエンライクはカンヌ映画祭での上映について「19歳の時にもカンヌ映画祭に来たことがあるんだ。でも今回は本作の出演者のみんなやスタッフたちとこんなに素敵な場所に来られてうれしいよ」とコメント。

先日ワールドプレミアで本作が初お披露目されると、世界中からは絶賛の声が相次いだ。エアエンライクは「この作品には本当にユー モアや楽しさが詰まっていて、とても面白い作品なんだ。僕が演じる若きハン・ソロが数々の教訓を学びながら、あの誰もが知っているハン・ソロに変わっていく姿を見られるよ。とにかく皆さんがこの映画を観て、楽しい時間を過ごし喜んでくれたらうれしい」と手応え十分な様子。 ハワード監督も「作品のリアクションが素晴らしくて、ホッとしているよ。映画に関わった全員が自分たちの持っている全てを出し切ろうとしてきたんだ。本作は他のSW作品を見ていなくても、とても楽しめる作品になっているんだ。だけど、世界中のファンの皆さんには、この作品がファンをものすごく尊重したものだと分かるはず。細かい知識が尊敬とともに込められているからね。初めての人も昔からのファンも楽しんでもらえると思うよ」と現在の心境を明かした。ハリウッドでのワールドプレミアに続きカンヌ映画祭、ロンドンプレミアと世界中を駆け巡るワールドツアーが続き、ツアーの締めくくりには日本でのジャパンプレミアが予定されている。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
6月29日(金)より全国公開

【関連リンク】
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品情報
マーク・ハミル、ジョージ・ルーカスも登場! 『ハン・ソロ』ワールドプレミア
アクションシーンが満載! 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』US版予告編公開
日本オリジナル! 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』新画像解禁
相棒チューバッカとの出会いも 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』特報公開

[関連情報]
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー|映画情報のぴあ映画生活
Source: ぴあ映画生活

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2019 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account