就職試験のとき、求職者が知っておきたい情報である「給与・条件などの待遇の質問」に、人事担当者の約半数が悪い印象を抱いていることが、企業の人材採用を支援するONE(オーエヌイー、東京都新宿区)の調べでわかった。「中途採用の面接に関するアンケート調査」(有効回答数107)を、2018年6月12日に発表した。

また、採用担当者が面接で重視するポイントは、「経験・スキル」よりも「人柄」のほうが多かった。

「パワハラ・セクハラがあった際の対応はどうしていますか?」
調査によると、面接時の「プラス印象」では、「挨拶・態度」「話し方・受け答え」にふれる回答が全体の60%を占めた。

たとえば、「挨拶・態度」では、

「笑顔で明るく、元気な印象があった」
「案内する社員や、すれ違う社員に対しても挨拶をしてくれていた」
「悪天候の電車遅延で、面接に遅れる際の電話連絡の対応がきちんとしていた」
「話し方・受け答え」では、

「質問に対しての回答の早さ。会話のやりとりがスムーズ」
「自己PR や職務経歴がわかりやすく説明できており、『デキる人』と感じた」
「回答が明確で簡潔である。またハキハキとして聞き取りやすい」
このほか、プラス印象では、

「ホームページに記載されているブログの隅々まで確認してくれていた」
「自社の商品を使ってくれていた」
といった回答もあり、企業のファンであることはアピールポイントとして有効なようだ。

一方。マイナス印象の回答をみると、「態度・マナーが悪い」にふれる回答が44%、「身だしなみ・服装」にふれる回答は17%だった。

たとえば、「態度・マナー」では、

「面接の際、ひじをついて話をしていた」
「受付に対しては態度が悪く、面接時は愛想をよくしていた」
「身だしなみ・服装」では、

「爪を切っていなかったり、肩に落ちたフケが目だったりと、全体的に清潔感がない」
「スーツやY シャツが、ヨレヨレだった」
「タバコ臭い」
このほか、「前職の悪口・不満ばかり言う」「履歴書をシワクチャの状態で渡された」ことなどがあった。

なお、調査は中小企業の人事担当者を対象に、2018年1月18日~5 月11日に実施した。

【関連記事】【IEEIだより】福島レポート フツーの人には響かぬ「事実」の情報 それは提供者のおごりが原因だ(越智小枝)
商社大好き、マスコミ嫌い? 難関大学就活生の人気企業の意外な結果
ウロウロ、キョロキョロ「あっ、万引き!」AIカメラが事前に検知、店員に通報
欧州委員会、日本を「十分性認定」へ GDPR2000万ユーロ制裁金への恐怖は解消する?
朗報! 仕事中にネットを見るのは「サボリ」にあらず? 米国で発表
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account