マンガ史に残る不朽の名作『デビルマン』を湯浅政明監督がアニメ化した『DEVILMAN crybaby』。同作のCOMPLETE BOXの発売を記念して、不動明役の内山昂輝さん、飛鳥了役の村瀬歩さん、牧村美樹役の潘めぐみさん、長崎役の津田健次郎さん、MCを務める天津 向さんニコ生特番に出演しました。  番組では、それぞれの出演者が永井豪先生の『デビルマン』を見た時の感想やキャラクターの役作り、『DEVILMAN crybaby』のお気に入りのシーンなどを語りました。 (画像は『DEVILMAN crybaby』公式サイトより) ―関連記事― 「“湯浅デビルマン”は昔ながらのオタクを相手にしていないよね」──女性&海外向けに制作された『DEVILMAN crybaby』を岡田斗司夫氏が解説 男に裸を見られると体が成長する?『かぐや姫の物語』に隠された”性を暗示する場面”を解説 『DEVILMAN crybaby』の反響は? 天津 向:
 配信から4ヶ月経ったんですが、改めて反響をみなさんにお聞きしていきたいと思います。 内山:
 本当に新たな試みだったな、と。お正月に配信されて、全部一気に見られるということでどういう風に反響がくるか予想がつかなくて……。毎週放送されるアニメみたいにみんなじっくり見るのかなと思ったんですけど、数日中に友達から熱い感想の長文メールやLINEが来たりしました。みんな一気に見てくれているのが驚きでしたね。 天津 向:
 そうですね。もう止められないんですよね。ラジオで伊集院光さんも「1話だけ見ようと思ったら全話見てしまった」と。 内山:
 そういうのが嬉しかったですね。 天津 向:
 村瀬さんはどうですか? 村瀬:
 業界内でも普段あまりお話しない先輩から「見たよ」と、そういう話の取っ掛かりにしていただけてよかったなと思いました。  僕が1番衝撃だったのが、うちの妹が「見たよ」と言ってくれたこと。内容が結構セクシャルなものやバイオレンスなものを扱っているから、妹が食い気味で聞いてくるとこっちが引いちゃうみたいな(笑)。 一同:
 (笑) 潘:
 Netflixという環境なので、どこでも見られるじゃないですか? だけど、「電車で見たらちょっと仕事を行くのをやめようかな」とか「続きを早く家に帰って見たい」という人が多かったようです。 天津 向:
 たしかに。今は移動中に見るのが当たり前ですけど……。 内山:
 家でじっくり見るのが向いているのかな? 津田:
 関係者から「本当にすごいね、あれ」と言われましたね。 津田健次郎さん。 天津 向:
 同業の方々も出たい作品ですよね。 津田:
 その時「僕は3話までしか出てないですけど」、と(笑)。 一同:
 (笑) 天津 向:
 しっかり前半のインパクトが(笑)。 内山:
 インパクトはもう1番強かったです。長崎さんは現場人気も1番でした。 村瀬:
 いなくなってからもしばらく話題になっていました。 天津 向:
 長崎ロスがあったんですか(笑)? 村瀬:
 ありました。こんな早く死んでいい人間じゃないって。 村瀬歩さん。 天津 向:
 最後まで見たいですよね。長崎さんは人間らしい部分がはっきりしているキャラクターなんで……。 津田:
 ゲスを全部背負っている感じ(笑)。 一同:
 (笑) 出演者が語る『デビルマン』の感想――トラウマ的衝撃だった!? 天津 向:
 永井豪先生は当然原作者でございます。なんと画業50周年。50周年の方が今こうやってしっかり話題になる作品に携わっているというだけですごいなと思うんですけど、『デビルマン』『キューティーハニー』『マジンガーZ』を生み出した日本を代表する漫画家の一人でございまして……。  ご出身の石川県輪島市に永井豪記念館もございますけども、永井豪先生の作品とは何きっかけでとかってありますか? 天津 向さん。 内山:
 今回出演が決まって『デビルマン』を全部読ませていただきました。本当に衝撃的な内容というか……。今読んでも色あせない魅力があって、本当に仕事を忘れて純粋に一読者として楽しみました。 天津 向:
 津田さんの世代で言うとやっぱり永井先生……。 津田:
 そうですね。アニメの『デビルマン』あたりですね。またこうやって最先端のをやらせていただくのはすごく嬉しいですよね。 天津 向:
 女性の目線ではどうですか? 潘:
 実は私3歳くらいの時にいとこの家に行って漫画を見たことあるんですよ。 潘めぐみさん。 天津 向:
 3歳の時に『デビルマン』って、トラウマすぎませんか? 潘:
 だけど、何が起こっているか分からなかったんですよ。怖いことしか分からなくって……中学生の時に実写版の『デビルマン』に出会いました。動機が不純なんですけど、中学の時にアイドルが好きで主演の二人がアイドルのFLAMEというグループの双子の兄弟がが飛鳥と明を演じていて、見に行って中学の時にトラウマ的衝撃でした。 出演者が語る、それぞれのキャラクター像 天津 向:
 不動明はひ弱で泣き虫な少年だったが幼馴染の了に連れて行かれたサバトでデーモンと合体し、強大な力を得つつも人間の心を失わないデビルマンになります。1話からの差がすごかったですよ。かわいい部分からデーモンになった、これの役作りはどうでした? 内山:
 あんなにかわいい状態から始まるっていうのを収録が近づくまで全く知らなかったので騙されました(笑)。セリフ練習用の台本とビデオを渡されて知りました。「これ誰?」って、最初思ったんですよ。 天津 向:
 俺の知っている不動明じゃないぞ、と? 内山:
 でも、もうやるしかないと思って。アニメ『ピンポン THE ANIMATION』の時にお世話になったスタッフの方々だったので、僕の限界も分かっていらっしゃるだろうなと。 内山昂輝さん。 天津 向:
 限界どころか、「どれだけかわいいんだよ!」と思いました。牧村美樹は明が居候している牧村家の娘で明の同級生で明朗快活な性格で人気者、陸上部のエース、そしてインフルエンサーと、隙がないと言いますか……。 潘:
 隙を作らない、というのをあえてやっているわけではなくて、生まれてきた環境でできちゃう子だから、どうしたら嫌味なくできるかなと初めは考えていましたね。こういう子って嫌味が生まれてしまいそうじゃないですか? 津田:
 純粋性が高い。逆にそれがドキドキしちゃった。後半になってこの世界をあんな純粋な子が生き抜いていけるのかと。 潘:
 物語通して1番変わらなかったと思います。 天津 向:
 飛鳥了は明の幼馴染で親友、海外を飛び回り教授をしている、そして心優しい明とは対照的で目的のためなら手段を選ばず必要とあれば人間も排除する冷徹さを持つということでございます。  了はトーンが変わる部分がないと言いますか、あるんですけどやっぱり自然と目的に向かって行く部分があるじゃないですか。どういう感じで演じられたんでしょうか? 村瀬:
 原作を読ませていただいたんですけど、刻々と彼自身も変わっていて、最初は理路整然としているんだけど後々何かよく分からないものに突き動かされているという。  彼自身も気づいてない意識の奥底の部分をどういうふうに解釈しようかなとすごく悩んで、感じたままもそうだし、あとは現場で調整していただいてやらせてもらいました。さじ加減がすごく難しいなと演じていて思いましたね。 天津 向:
 そういう奥底のものが端々にね。英語はどうでした? 村瀬:
 英語はもうやるもんじゃないなと思いました(笑)。 津田:
 日本語のセリフとやっぱり全然違うの? 村瀬:
 日本人が吹き替えをするから、ちゃんと日本人がやる意味を持たせたいなとすごく思って……。例えば言葉の置き方とかセリフの芝居の付け方をちゃんとしたいなと思ってやろうとすると、自分の中ですごく違和感がありました。  「気持ち悪い、難しい、でも上手くやりたい」みたいなごちゃごちゃになって、普段のアフレコの3倍くらい疲れますね。特技を英会話って書いちゃいけないなと思いました(笑)。 天津 向:
 それは良いことじゃないですか。英語はスッと喋れるわけですもんね? 村瀬:
 一応。ただ学術的な用語をよく使っていたので、自分が知らないことを知っている体で話さないといけないから、そういう難しさあるなと改めて思いました。チャレンジなキャラクターでしたね。 潘:
 ロシア語もあったよね? 村瀬:
 ロシア語は喋ってないんだけど、一緒に会話している人もちゃんとロシア語をできる人がやられていて、すごく細かくキャスティングされていました。10話には世界各国の軍隊が出てくるんですけど、それもちゃんとオーストラリア訛りの方とアメリカ訛りの方というふうに分けられていて、細かいキャスティングがされていましたね。 天津 向:
 細かいところもこだわりを持ってやっているというわけですけども……最後は長崎さん。 津田:
 美樹の次に変わらなかった男だと思います。 一同:
 (笑) 天津 向:
 フリーの編集者でグラビア撮影をしたがる、そしてパンツを嗅ぐという(笑)。 潘:
 でも、パンツを嗅いでいたのは長崎さんじゃなくて中に入っているデーモンだから。嗅ぐ芝居をしていたのは津田さんですよね? 津田:
 芝居をしたのは僕ですよ。 天津 向:
 嗅ぐ芝居ってどういうことですか? 台本で「長崎 パンツを嗅ぐ」ってあるんですか? 潘:
 ありましたよね。 津田:
 たしかあったと思いますよ。 天津 向:
 これはリテイクとか出るんですか? 津田:
 いや、たぶん一発OKでした。 一同:
 (笑) 出演者のお気に入りのシーンを紹介 天津 向:
 各々気に入った話数、シーンがあるとは思います。パネルでピックアップしていただいたのを見ていきたいと思いますので内山さん? 内山:
 僕はまずやっぱりこの1話の泣き虫な明くんです。 潘:
 かわいい。 村瀬:
 どこから来たの? 内山:
 「海から来た人魚です」のセリフの意味がいまだに分からない(笑)。分からないまま、「とにかくトーンを高めに」って言われて難しかったです。泣いているシーンも結構ありましたけど、そのあと姿が変わってからも泣くときは「この明を思い出して」って演出されることが多かったので。  そういう意味で重要だと思ったので1話を選びました。そしてやっぱり9話のラストのあたりかな。 天津 向:
 そうですね。美樹を見つけてからですよね。 内山:
 叫ぶシーンは数多くあったんですけど、特にここのラストのセリフは尺がすごく長かったし、複雑な感情を大爆発させなきゃいけないから大変でした。何回かチャレンジしてOKをもらいましたが、本編を見たら音を上手いこと調整してくれていて嬉しかったです。 天津 向:
 9話は本当に1番はっきりインパクトがある。 内山:
 収録スタジオの人数も少なかったので、柔らかい雰囲気の休憩時間のすぐあとに、ピリッとしたムードの本番がくるような、素晴らしい雰囲気のアフレコでした。 潘:
 その時に永井先生もいらっしゃっていたよね? 天津 向:
 そうなんですか? 潘:
 そうなんですよ。ガヤ【※】で「不動明だ」って石を投げるシーン。 ※ガヤ
スタジアムでの客の歓声や学校での運動場の掛け声といった、内容が決められていないその他大勢の「がやがや」した台詞の声を担当すること。 内山:
 永井先生の声が入っているんです。湯浅監督の声も入っています。 天津 向:
 入っているんですか?  潘:
 あと音楽の牛尾さん? 内山:
 音楽の牛尾さんもやっています。よく耳を傾けると聞こえるかもしれない。 天津 向:
 つづいて村瀬さんは? 村瀬:
 僕は了といきたいところなんですが、こちらなんですね。 津田:
 いいのを選ぶなぁ。 村瀬:
 このアダルトな魅力。『DEVILMAN crybaby』の作品で1番最初に悪魔のどういう感じの生き物なのかというのを作られたのがシレーヌ役の田中敦子さん。  悪魔というのが情動的なところがあるのか、とかいろんなことをディレクションの中でやりとりをしていって敦子さんが「戦士のように」と、例えば「自分を慰めるシーンがあっても猛々しく女将軍のように」と聞いて「悪魔ってこんな感じなんだ、なるほど」と思いました。あとカイムはかっこいいんだけどヤキモチ焼きで、かわいい面もありつつ(笑)。 天津 向:
 焦がれている部分があるんですよね。 村瀬:
 その繋がりでこれですね。 内山:
 本当いいシーン。 村瀬:
 ここは合体後もそうなんですけど、明と了の対比の部分も現れているなと。明はすごく胸を打つものがあったんだけど、了には響いてなかった。 天津 向:
 そこからどんどん離れていくっていうね。 津田:
 「シレーヌ、君は美しい」。いいセリフだよね。すごくかっこいい。 天津 向:
 つづいて潘さんいきましょう。 潘:
 話数で言うと6話で。バトンを渡すシーンは終盤の方に随所、随所に描かれていますけど、ここでは実はバトンを渡せなかったんですよね。 天津 向:
 明がね……。 潘:
 そう。明が代わりに奪って幸田マンと一緒に走るシーンがあったうえでの、次のシーンを見てほしいんです。ミーコ、本当に大好き! 内山:
 ミーコはいいキャラだね。 潘:
 悪魔になったことで唯一素直になれたキャラクターなんじゃないかなと思うんですよ。渡せなかったバトンをある意味9話でバトンを渡せたんじゃないかなと思うので。 天津 向:
 僕がニコ生ユーザーだったら「それな」って打っています(笑)。ラストは津田さん。 津田:
 この時は元気です(笑)。「やったぞ」と。これは2話ですね。「俺は秘密を撮ったぞ」と、ジャーナリストとしてのスクープを撮ったときですね、からの……こうなります。 一同:
 (笑) 津田:
 乗っ取られちゃってこうなります。長崎は、最後はこうなります。 天津 向:
 長崎じゃないし! 津田:
 1話ですね。デビルマン化の瞬間、これかっこいいですね。すごく好きです。1話は本当に印象深いんですよね。絵がかなり出来上がっていて。 内山:
 アフレコの時にほぼほぼ出来ていて、だからこそサバトのシーンでびっくりして。「ここまでやるんだ!」、と。 広がる『DEVILMAN crybaby』ワールド。コラボ情報を声優陣が紹介 内山:
  5月30日に発売の『DEVILMAN crybaby』コンプリートBOXダイジェストを特別公開いたします。去年の12月28日に渋谷WOMBで開催された一夜限りの伝説的なイベント「DEVILMAN NIGHT」そのイベントの中から本作の音楽を手掛けた牛尾憲輔さんのライブ映像がコンプリートBOXの特典として収録されます。  ~番組中に紹介されたライブイベントの様子~ 内山:
 (ライブイベントのダイジェスト映像を見て)あんなにちゃんとしてる牛尾さんは初めて見ましたね(笑)。 天津 向:
 これ、映像が付く時間、30分を超えていると……。素晴らしいです! 一同:
 おぉー! 津田:
 行けなかったんで、見たいですね。 天津 向:
 今日はなんとこちらにBOXの現物が届いているということで、どんな豪華な特典が付いているのか作った本人、新宅洋平プロデューサーにお聞きしたいと思います。 新宅洋平プロデューサー。 新宅:
 持ってきました。ぜひ皆さん手にとっていただきたいです。 内山:
 重い! まず表紙というか……。表面に特殊な加工が……これかっこいい! 新宅:
 メイキングブックとアートブックという形で入っています。何を今回のコンプリートボックスに入れたかというと、僕が『DEVILMAN crybaby』を企画して2年間くらいに見てきた全てを入れました。 天津 向:
 なるほど! 新宅:
 アニメにしたいと言った企画書から最初の倉島亜由美さんのラフだったり世に出てないものを全部詰め込んであります。全てが入っているアートブックそしてメイキングの方には皆様にインタビューをさせていただいて、こちらは14万字以上になっております。  特典CDには牛尾さんのリミックスが入っていたりとか……。 天津 向:
 こちらが、5月30日に発売ということで。新宅プロデューサー、ありがとうございました! 続いては渋谷で何かあるということですが……。 潘:
 タワーレコード 『DEVILMAN crybaby』コラボ決定! 「DEVILMAN crybaby SABBATH SHIBUYA」をタワーレコード渋谷店スペース8階で展示会開催。『DEVILMAN crybaby』の世界観をリアルに体感できるエキジジョン&ポップアップストアの開催が決定しました。  ご来場のお客様には雑誌CONTINUEが編集を行ったスペシャルブックレット「DEVILMAN crybaby BOOTLEG」をプレゼント。またコラボグッズも販売されます! 内山:
 こちら、(コラボグッズの)モバイルバッテリーとコインケースですね。 潘:
 これがTシャツで色が対になっているんですね。 津田:
 (トートバックを持って)これでスーパーとかに行っていただいて……(笑)。 天津 向:
 やっぱりデザインが洗練されていますね。こちらが5月23日~6月17日まででございます。それでは続いていきましょうか。 津田:
 『DEVILMAN crybaby』×BEAMS×ナタリー、ストアコラボ決定! 新宿のBEAMS JAPANにて『DEVILMAN crybaby』スペシャルPOP UP STOREの期間限定オープンが決定! 同店4FのTOKYO CULTUART by BEAMSフロアーにて、このショップだけのスペシャルアイテムや『DEVILMAN crybaby』× BEAMS ×ナタリーストアのコラボアイテムの展示などを展開予定です。  詳細続報は公式サイト・SNSにて随時お知らせいたします。 天津 向:
 渋谷の次は新宿ということで、次は新大久保ですか(笑)? では次のキーワードにいきますか! それでは村瀬さんお願いします。 村瀬:
 『DEVILMAN crybaby』×光岡自動車コラボ決定ー! 本編中で飛鳥了が乗っている光岡自動車とのコラボが決定しました。この場でティザービジュアルを発表いたします。こちらです! かっこいい!! 天津 向:
 むちゃくちゃかっこいいじゃないですか!? これパソコンの待ち受けにしよう(笑)。ということでキーワードでも出てきていました「スタチュー」【※】。大好評につき「DEVILMAN crybaby Statue」再受注が決定でございます! 購入はANIPLEX+にて受け付けます。イメージビジュアルは押山清高氏によるイメージビジュアルをポリストーン・スタチューとして立体化!シレーヌやカイムなど夥しい数のデーモンたちを捩じ伏せ、禍々しく悪気を吐くアモンを圧倒的熱量で造形しました。  ブラックライトのときに血のかかっているところが光るんですよね。むちゃくちゃかっこよくないですか!? ※スタチュー
statue.彫像。 (画像はANIPLEX+公式サイトより) 潘:
 ブラックライト買わなきゃ(笑)! 津田:
 家がクラブみたいになっちゃうよ? 村瀬:
 牛尾さんを呼べばちゃんとクラブになる(笑)。 天津 向:
 豪華すぎますよ(笑)。 ▼公式サイト情報▼ ■「DEVILMAN crybaby」公式サイトはコチラ ■「DEVILMAN crybaby」公式Twitterはコチラ ▼下記バナーをクリックで番組ページへ▼ 【内山昂輝/村瀬歩/潘めぐみ/津田健次郎 生出演】DEVILMAN crybaby COMPLETE BOX発売記念放送 ―関連記事― 男に裸を見られると体が成長する?『かぐや姫の物語』に隠された”性を暗示する場面”を解説 「“湯浅デビルマン”は昔ながらのオタクを相手にしていないよね」──女性&海外向けに制作された『DEVILMAN crybaby』を岡田斗司夫氏が解説
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account