イメージ
大東建託株式会社は、2018 FIFAワールドカップ ロシアを盛り上げるコミュニティパーク「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」(6月14日~6月28日:お台場ウェストプロムナードで開催)に、VRを用いた体験型ブース「VRでキーパー体験」・「ラブカメラで撮影体験」を出展すると発表した。
最近のゴールキーパーと言えば、ワールドカップ前の大事な親善試合スイス対日本において、川島永嗣GKが飛び出してボールに触れず相手選手に魚雷のようにアタック、そしてスローイングを直接相手に奪われてループシュートに戻りつつポスト激突と、一人芝居のようにドタバタしている印象が強い。

失点シーンに絡むため、とかく叩かれがちなGKだが、最後の砦としてゴールに立ちはだかるという緊張感に溢れる体験は、多くの人が未体験のはず。

そのドキドキをVRヘッドセットを使って体験できるのが「VRでキーパー体験」だ。スタジアムにいるかような臨場感ある仮想空間において、コントローラーを使って、相手選手が繰り出すシュートをセーブする。5本のシュートを全て防げば、パーフェクト賞として「サッカー日本代表レプリカユニフォーム」がプレゼントされる。
発表資料
URL:http://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2018/aqehc40000009924-att/odaiba_fanzone0612.pdf
2018/06/14

■関連記事
奈良県マスコット「せんとくん」、8月から無料で商品や広告に使用できるように (2018.6.14)
楽天モバイル、2年間月額1480円や24GB大容量プランなど「スーパーホーダイ」を拡充 (2018.6.14)
インバウンド需要と受動喫煙問題をまとめて解決する、キセル型電子タバコ「電子煙管」 (2018.6.14)

Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account