JR西日本は14日、博多発東京行きの東海道山陽新幹線「のぞみ176号」で、先頭車両のボンネットが割れているのを確認したと発表した。先端部分が大きくへこんでおり、博多-小倉駅間で起きた人身事故が原因と判明した。
 同社によると、14日午後2時10分ごろ、のぞみが小倉駅に到着した際、対向する新大阪発鹿児島中央行き「みずほ615号」の運転士が割れに気付き、連絡した。
 のぞみの運転士は気付かずに同駅を発車。新下関駅で車両を交換し、乗客は別の車両に乗り換えて東京へ出発した。影響で上り列車に遅れが出た。 【時事通信社】
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account