<KEB ハナバンクインビテーショナル 初日◇14日◇レイクサイドカントリークラブ・西コース>

韓国ツアーの「KEBハナバンク・インビテーショナル」が14日(木)から4日間開催される。第1ラウンドを終えて、日本勢の小林伸太郎が「65」をマークし、7アンダーで首位と2打差・2位タイ発進を決めた。

【写真】「全米オープン」現地から直送のフォトギャラリー
小林は、国内男子ツアーでは2016年の「マイナビABCチャンピオンシップ」2位が自己最高。17年は賞金ランク103位でシード入りを逃し、今季は下部ツアーAbemaTVツアーに参戦している。

9アンダー・単独首位にはホ・インヘ(韓国)。2打差・2位タイには小林と並びリ・ソンホ(韓国)、3打差・4位タイには、昨年の国内ツアー賞金ランク19位に入ったハン・ジュンゴン(韓国)ら3人が続いている。

日本勢から参戦の武藤俊憲は4アンダー・10位タイ発進。武藤と同じく10位タイには、国内ツアー1勝のチェ・ホソン(韓国)が入った。その他では、?田好宣と国内ツアー1勝の小鯛竜也が1アンダー・57位タイ。17年の「ANAオープン」で11位タイに入った鍋谷太一がイーブンパー・74位タイとなっている

【関連リンク】
■「KEB ハナバンクインビテーショナル」初日成績
■<速報中>「全米オープン」リーダーボード
■全ホールを詳細にお伝え! 松山英樹の一打速報
■松山英樹が全米王者へあと一歩… 2017年大会を振り返る<全米オープン プレーバック>
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account