米国現地時間6月12日、人気番組の「ザ・レイト・レイトショー with ジェームズ・コーデン」に出演したBTSは「Fake Love」をパフォーマンスし、複雑なコリオグラフィーを披露した。

米国現地時間6月12日、人気トーク番組「ザ・レイト・レイトショー with ジェームズ・コーデン」で、BTSが「Fake Love」をパフォーマンスして複雑なコリオグラフィーを披露した。

K-popスターのBTSは、苦悩を表現したこの曲を歌いながら、ステージを滑るように移動し、身を屈め、身体を反らし、スピンする、複雑ながらも調和の取れた群舞を披露した。リーダーのRMがスタッカートする攻撃的なラップでパフォーマンスを主導しながら、全体的に流れるR&Bポップのクルーニング(※ささやくように優しく歌う唱法)に躍動感を与えたのだった。

「Fake Love」は最近リリースされたBTSの3枚目のアルバム『Love Yourself: Tear』からのリードシングルだ。このアルバムはビルボード200で1位を獲得した初のK-popアルバムとして話題になった作品である。BTSは5月のビルボード・ミュージック・アワードでこの曲を初披露している。同アワードのMCを務めたケリー・クラークソンは、BTSファンの拍手と歓声にかき消されそうになりながら「あなたたち全員、クレージーよ!」と叫びながらBTSを紹介した。

BTSはこの秋からワールドツアーをスタートし、『Love Yourself: Tear』をプロモーションする。北アメリカツアーの開始は9月5日。まず、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで3連続公演を行い、その後10月までアメリカ国内をまわる予定だ。追加公演の詳細は決まり次第、発表される。

【関連記事】
BTSが世界で成功を収めた理由:K-popのルールや価値観を覆したBTSの軌跡
BTS全米1位を獲得、K-Popアーティストとしては初の快挙
全世界大ヒットTV番組「カープール・カラオケ」プロデューサーが語る制作裏話
全米1位がほぼ確実なBTS新作、ソングライターとプロデューサーが制作の裏側を明かす
RMとSUGAが語る、アメリカで受け入れられたBTS (防弾少年団) の多様性
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account