source:https://www.shutterstock.com/
日々成長していくわが子がどのくらいステップアップしているのか気になるママも多いと思います。
そんな成長を感じられるような体験イベントに参加してみると、「こんなこともできるようになったんだ!」と実感することができるかもしれません。子どももイベントを通して特別な体験ができます。
今回は、これから夏休みにかけてもおすすめの3歳の女の子向け、人気の体験イベントをご紹介します。

 
▼3歳女の子のタイプ別!おすすめの体験イベントは? 
お姫様に変身!イベント

source:https://www.shutterstock.com/
女の子なら誰もが憧れるお姫様に変身できる変身イベントが人気です。可愛いドレスに髪の毛もアップ、メイクも施し、いつもと違う自分に出会えます。可愛くなったわが子に胸キュンしてしまいそう!

モノづくり体験イベント
親子でモノづくり体験は特にオススメです。ママとパパと一緒に作れば子どもも夢中になりますし、世界でひとつだけの完成品は親子での特別な思い出になります。

動物触れ合い体験イベント

source:https://www.shutterstock.com/
男の子も女の子も動物が大好き。普段はペットの猫や犬だけというご家庭も多いと思いますが、触れ合い体験に出掛けると絵本や図鑑でしか見たことのない動物達とも触れ合えます。

ネイチャー体験イベント
自然と触れ合うこが少ない子どもにオススメなのがネイチャー体験です。キャンプ、ハイキング、スキーなどありますが、小さいお子さんとならキャンプ体験などいかがでしょうか。
森の中を散策したり、川の浅瀬で冷たい水に触れるだけでも普段とは違う環境が子ども達の大切な経験になります。キャンプ場が主催するキャンプなどはイベントもたくさん企画されているのでオススメです。

▼夏休みに出かけたい!おすすめの体験イベント7選 
【都内開催イベント3選】
(1)マックアドベンチャー
マクドナルドの店員さんになってキッチンでハンバーガー、ポテト、ドリンクの作り方を学ぶイベントが開催されています。

source:https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0604b/#
マクドナルドの制服をきて店員さんになりきった子どもたちはとても楽しそうです。ただ、ハンバーガーを作るだけでなく正しい手の洗い方を教えてくれるのも嬉しいポイント。
いつもはお客様なのに店員さんになって普段入ることのできないキッチンや巨大冷蔵庫、大きな鉄板でパテを焼き、できたてのハンバーガーをトレイにのせお客様役のママの場所へ運ぶ姿は誇らしげです。
こちらは対象年齢が3歳からとなっておりますが店舗によって異なるので確認を忘れずに!

■名称:マックアドベンチャー

■開催場所:都内マクドナルド(要確認)

■体験メニュー:スタンダードプラン 600円 スペシャルバーガープラン 700円

■公式HP:https://www.seibu-la.co.jp/soleil/

(2)ASEANキッズ・デー2018

source:https://prtimes.jp/
8月4日土曜日に開催されるASEAN キッズ・デー 2018のイベントに親子で参加してみてはいかがですか。
東南アジア諸国の文化を紹介する体験型イベントASEANキッズ・デー2018の会場には、工作、ぬり絵、樹脂粘土を使用してフルーツ作りなど子ども達が楽しく体験できる催し物がたくさん用意されております。
イベントへの参加は無料ですがワークショップへの参加は予約が必要となっています。

■名称:ASEAN キッズ・デー 2018(日本アセアンセンター アセアンホール)

■住所:東京都 港区新橋 6-17-19 新御成門ビル 1階

■最寄駅:都営地下鉄三田線御成門駅A4出口より徒歩1分

■電話番号:国際機関 日本アセアンセンター観光交流部03-5402-8008

■営業時間:12:00〜16:00 

■関連URL:https://www.asean.or.jp/ja/exchange-info/20180613/

(3)丸の内キッズジャンボリー2018
参加体験型イベント「丸の内キッズジャンボリー2018」が東京国際フォーラムで開催されます。
子どもたちと3,000匹以上の折り紙の魚をつくってギネス世界記録に挑戦したり、平安時代の十二単など時代衣裳の着装体験で雛人形気分も味わえます。
他にも警視庁の白バイに乗っての記念撮影、世界にひとつだけのオリジナルの新聞を作る「新聞教室」など親子で遊べるプログラムなど用意しています。また、プログラムにより材料費等の実費負担がある場合があるのですが“入場無料”は嬉しいポイントです。
丸の内キッズジャンボリーだからできる親子で学ぶ・つくる・チャレンジする・鑑賞するといった体験を楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。

■名称:丸の内キッズジャンボリー2018

■開催場所:東京国際フォーラム

ホールE・ホールB5、B7・ガラス棟会議室(4階・5階・6階・7階)・ロビーギャラリー・地上広場 ほか

■開催日程:2018年8月14日(火)15日(水)16日(木)

■開催時間:10:00~17:00

■最寄駅:有楽町駅より徒歩1分(国際フォーラム口)

■電話番号:03-5221-9000(代表)

■公式HP:https://www.tif-kids.jp/2018/

 
【都内近郊開催イベント4選】
(4)ソレイユの丘
三浦半島の美しい景観の中、体験メニューが盛りだくさんのソレイユの丘へ子どもとお出掛けなどはいかがでしょうか。
こちらでは、動物との触れ合い、クラフト、クッキング、ネイチャー体験など様々な体験メニューを用意しております。

■名称:ソレイユの丘

■住所:神奈川県横須賀市長井4丁目

■最寄駅:京浜急行「三崎口」駅より京急バス「ソレイユの丘」行にて約15分終点下車

■電話番号:046-857-2500

■営業時間:9:00~18:00(3~11月)・9:30~17:00(12~2月)

■公式HP:https://www.seibu-la.co.jp/soleil/

(5)富士サファリパーク

source:https://prtimes.jp/
富士サファリパークでのオススメ体験イベントは、飼育係さんの仕事もできるキッズパトロールです。
観光用のジャングルバスとは違い 飼育係が運転するジープでサファリゾーンコースを周りヤギやキリンに餌をあげ、飼育員さんから動物達とのコミュニケーションの取り方を直接教えてもらえたりと特別な時間になるとっておきの体験イベントです。
富士サファリパークではキッズパトロールや定番の動物触れ合い体験以外にも、パン作り体験など様々なイベントが用意されております。

■名称:富士サファリパーク

■住所:静岡県裾野市須山字藤原2255-27

■アクセス:東名高速 裾野インターから約10km・15分(東京方面)

■電話番号:055-998-1311

■営業時間:3月11日~10月31日(9:00~16:30)・11月1日~3月10日(10:00~15:30)

■公式HP:https://www.fujisafari.co.jp/

(6)河口湖オルゴール森美術館
河口湖オルゴール森美術館でオススメな体験イベントは「プリンセス体験」です。おとぎ話のお姫様のようなドレスに着替えバラと緑の優雅な空間でのプリンセス体験は女の子なら憧れるシュチュエーションです。
子どもはもちろんのことママとパパのテンションも上がるのではないでしょうか。

■名称:河口湖オルゴール森美術館

■住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20

■最寄駅:河口湖駅 河口湖駅よりタクシーで約16分

■電話番号:0555-20-4111

■営業時間:9:30~18:00

■公式HP:https://kawaguchikomusicforest.jp/

(7)軽井沢おもちゃ王国
おもちゃ王国というだけあり、シルバニア、プラレール、りかちゃん人形にトミカなど赤ちゃんから子どもまで喜ぶおもちゃがたくさん用意されている軽井沢おもちゃ王国。
ニジマスのつかみ取りやニジマス釣りは親子で楽しむことができ、木工クラフト教室や自然体験イベントなども開催されております。
キャンプ場も完備されており夏の特別な思い出を作るには最適なのではないでしょうか。

■名称:軽井沢おもちゃ王国

■住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277

■最寄駅:JRほか軽井沢駅(送迎バスが出ています※要予約)

■電話番号:0279-86-3515

■営業時間:平日 10:00~17:00 (11月は16:30まで) 土日祝 9:30~17:00 (11月は16:30まで)

■公式HP:https://www.omochaoukoku.com/karuizawa/index.html

普段と違う体験イベントは親子にとって特別な夏の思い出になります。また、子どもの成長も垣間見ることができる貴重な時間ではないでしょうか。
この夏どこに行こうか迷っている方は、ぜひ今回ご紹介したイベントの数々を参考にしてみてください!

【参考・画像】

※1 マックアドベンチャー

※2 ASEANキッズ・デー2018

※3 丸の内キッズジャンボリー2018

※4 ソレイユの丘

※5 富士サファリパーク

※6 河口湖オルゴール森美術館

※7 軽井沢おもちゃ王国

※ Ann Worthy、Yuganov Konstantin、FamVeld / Shutterstock

【関連記事】
夏のベビーカー移動も怖くない!オススメ「熱中症&暑さ」対策グッズ8選
「夏の授乳」のお悩みは?注意点とおすすめ対策グッズ4つ
3歳の子でもできる!「金銭感覚を身につける」3つの習慣は?
3COINSからZARA KIDSまで!海・プールで使える「激カワ♡アイテム」4選
「パパとしての自覚」が芽生えたのはいつ?【タケト×ゴロー パパ対談 #03】
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account