photo by author
週末のお昼ご飯、マンネリ化してるママはいませんか?
パパがいる場合は、量や食べ応えのあるものを考えないといけないし、仕事でいなくても子どもたちの“遊んで攻撃”の対応で精一杯で作る時間が確保できず、適当になってしまうこともありますよね。
今回はそんな時、簡単に調理できて、夏野菜も摂れる栄養満点のパパっとお昼ご飯をご紹介したいと思います。

▼「夏野菜が摂れる!パプリカピーハン」(赤パプリカ、黄パプリカ、ピーマンのチャーハン)
photo by author

【材料】(大人2人、子ども1人分)

ご飯・・・・3膳

ひき肉・・・・150~200g

赤パプリカ・・・・小1/2ずつ

黄パプリカ ・・・・小1/2ずつ

ピーマン・・・・小1/2ずつ

玉ねぎ・・・・半分

卵 ・・・・1個

ごま油 ・・・・大さじ1

鶏ガラスープの素・・・・大さじ2

塩胡椒 ・・・・お好み

お醤油・・・・小さじ1

【作り方】
(1)パプリカとピーマン、玉ねぎをみじん切りにする
(2)フライパンを温めてごま油をひき、ひき肉を炒める
(3)お肉に火が通ってきたら、(1)を入れて炒める
(4)ボールにご飯と卵を入れてよく混ぜる。(卵がけご飯みたいな感じにして炒めると、パラパラになりますよ)
(5)(4)を入れて炒める。かき混ぜすぎず、最初は焼き色をつける。次にほぐしながら炒めるとパラパラしてきます。
(6)調味料を入れて、全体にいきわたらせて出来上がり♪
<ポイント>
・みじん切りにすることで子どもも抵抗なく食べられる
・火を通すことでご飯と馴染んで、食感が気にならなくなる
・見た目もカラフルになり食欲をそそる
・ひき肉をポークビッツやウィンナーにしたり、鶏肉を使って応用してもOK!
・時間があれば、わかめスープや大根の中華スープなどを付けるのがオススメです。
今回はチャーハンにしましたが、野菜を炒めた後に焼きそばを入れて、ソースで味付けすれば麺メニューにもなりますよ。

photo by author
筆者は週末はパパ不在なので、いかに簡単に早くお昼ご飯を作るかということをテーマに週末に挑みます(笑)
これから夏休みにかけて子どもが家にいる時間が増えるというご家庭にも、家族が喜んでくれるお昼ご飯になりますように。
ぜひお試しください。

【画像】

※ 画像著者撮影

【関連記事】
夏のベビーカー移動も怖くない!オススメ「熱中症&暑さ」対策グッズ8選
【2歳】今注目の「遊べる」子ども用家具が人気の理由とは?
「夏の授乳」のお悩みは?注意点とおすすめ対策グッズ4つ
3COINSからZARA KIDSまで!海・プールで使える「激カワ♡アイテム」4選
夏野菜が食べられる!栄養満点お弁当レシピ【野菜嫌いの幼児食】#3
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account