20902366_501147313569550_6709815488559448064_n

暑い季節になると、あっという間に子どもたちが楽しみにしている「夏休み」がやってきます。長いところだと1ヶ月半ほどの長期休暇。子どもたちが朝から晩までママと過ごす生活が待っています。子どもたちの夏休みはママたちにとっても「嬉しい」休みなのでしょうか? それとも……?
『もうすぐ夏休みだね。子どもたちの夏休みが終わったら、ぜひ親(主にママ)にも夏休みくれないかな……。政府が主導したりしてさ……』
子どもたちとの「夏休み」は嬉しい!夏休みを心待ちにしているママたちの声

『大変だし、うるさいしお金かかるけど、私は子ども達といられるのは嬉しい』
普段子どもが学校に行って過ごす時間を夏休みは家で過ごせることになりますね。子どもたちを過ごせる時間が増えることが嬉しいというママの声がありました。
『週3~4日、仕事をしているから休みの日に一緒に出掛けたりオヤツを作ったりするのが楽しい』
毎日一緒にいられるわけではないけれど、ママのお仕事が休みの日には一日中一緒にいられます。長期休みしかできないイベントもやりやすくなりますね。
『楽! ゴミ捨ても行ってくれるから早朝から化粧したり服着替えたりしなくて良いし朝から「急げ急げ」言わなくて良い。気分がのんびりしている。午前中は宿題、自主勉強。午後はばぁばの家でプールしたり、ワークショップとか行ったりしている。長期休みは本当に楽』
子どもたちが成長していてママのお手伝いを快くしてくれるから、夏休みはむしろママの家事が楽になる! というコメントも。何より時間に縛られずに済むので、気楽だということです。確かに「時間に縛られずに済む」ことは気持ちに余裕を生みますね。
『最初はお昼ごはん憂鬱だったけど、だんだん楽しくなってきた~!』
毎日のお昼ごはんづくりにママは頭を悩ませるかもしれませんが、やっていれば楽しくなってくるのかもしれません。子どもたちと一緒に作っても良いかも。
『夏休み大好き。ずっと待ちわびていた夏休み。ダラダラ過ごしたり時間を気にせず出掛けたりできるから』
子どもたちとゆっくり起きて好きな時間にごはんを食べ、宿題を済ませたらまたのんびり過ごす。長期休みにしかできない過ごし方のひとつかもしれませんね。時間に縛られずに済むので、ママのイライラも減るのでしょう。
ママはキッチンに立ちっぱなし!ママにも宿題がある?夏休みが早く終わってほしいママたちの声
『お昼ごはん作るの、めんどくさい』
いつもは学校で給食を食べてくるのに、毎日お昼ごはんを作らなければいけなくなる夏休み。やはりちょっと面倒、と感じるママもいるようです。
『夏休み毎日毎日、朝昼晩のごはんを作るがホントに面倒……。朝ごはん食べさせて洗い物すんだと思ったらすぐ昼ごはん……。面倒でお惣菜や外食で済ませて後から余計な出費だったと後悔したりする。夏休みはホントに普段の給食がありがたいと感じる』
朝ごはんを作り、片づけをして掃除や洗濯を済ませたらもうお昼ごはんの支度をしなければいけない時間……。ママに休憩する時間はなくなってしまいますね。かといって食事を買って済ませると家計を圧迫してしまいます。ママたちは夏休みに改めて給食のありがたみをかみしめるようです。
『夏休み……宿題がなければな。なんて、子どもみたいな発言だな、我ながら。自由研究とか、悩みまくり』
夏休みに宿題があるのは何も子どもたちだけではないようです。読書感想文や自由研究など、ママがサポートしながらやる宿題があるのも夏休みの特徴のひとつ。子どもたちの宿題が終わった後、ママたちには宿題の丸付け作業も待っていますね。子どもたちと一緒にママも「夏休み早く終われ!」と叫んでしまいそう……。
キャンプや祖父母の家に行ってもらう?子どもたちの夏休み中にママも「夏休み」をとる方法とは

『今年は、子ども本人が望んで2泊3日のキャンプに出掛けてくれることになったから、その時に思いきり休む予定。冬休みもスキー合宿を勧めてみようかな。できれば長期休暇ごとに1回はそういうのに行ってほしい』
子どもたちの夏休みの間にママも「夏休み」をとる方法のひとつが、子どもたちにキャンプに行ってもらうことです。1泊2日でもママにとっては充分、休養できる時間になるでしょう。少々お金はかかりますが、子どもたちにとっては親から離れた集団生活の中で学べるいい機会ともいえます。

キャンプとまではいかなくても、小学生ともなれば同居していないおじいちゃんおばあちゃんのお宅へお泊まりすることができるのではないでしょうか。これまでお泊りしたことがないなら、今年の夏休みにチャレンジしてみて。ママも子どもも、夏休みとは違った体験をする機会となるでしょう。
『メリハリないとキツいよね』
というママのコメントもありました。まさに夏休みにおけるママと子どもたちにとって「格言」といえます。子どもにとってもママにとっても楽しい夏休みにするために、少々離れた時間を持つことも検討してはいかがでしょうか?

文・しのむ 編集・しらたまよ イラスト(産後カルタ)・なかやまねこ

【関連記事】

その「おねしょ」は病院で治療できるかも!夏のお泊り行事前に相談を

安さで家族旅行を選んだら……子どもからの「まさかの一言」が #あきの家計簿

プリキュアのお部屋宿泊プランは、子どもが喜ぶ特典がいっぱい!
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account