東・西日本では14日、高気圧に覆われて晴れ、35度以上の猛暑日となった所が相次いだ。気象庁によると、午後3時までに岐阜県多治見市で38.7度、京都市で38.5度、岐阜県郡上市で38.4度、三重県松阪市で38.2度を観測。今年全国で初めて38度を超えた。
 京都市では、この地点の7月の観測史上最高気温を更新した。東京都心(千代田区)では35.4度を観測し、今年初の猛暑日となった。
 気象庁は、梅雨明けとなった東北南部から九州にかけて高温注意情報を発表し、熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 【時事通信社】
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account