平手友梨奈が映画初出演・初主演を務める『響 -HIBIKI-』の予告映像、メインビジュアルが公開された。累計部数160万部を突破する人気コミック『響〜小説家になる方法〜』の実写映画化となる本作。殴り、蹴り、常識をぶち壊していく、天才だけどヤバい主人公・鮎喰響を平手が熱演する。

不況に苦しむ文学界に、ひとりの天才少女・響が現れた。15歳の彼女が描く小説は、圧倒的な才能を感じさせ、その力は文学界に革命をもたらすほどのものだった。文芸誌『木蓮』編集者の花井ふみとの出会いを機に、響は脚光を浴びる。だが、響は“普通”ではなかった。自分の信じる生き方を絶対に曲げず、建前をかざして生きる人々を許すことができない。響の言動は、過去の栄光にすがる作家やスクープ欲にまみれた記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人々に影響を与えていく……。

公開された予告映像には、響が文芸部の先輩に平手打ちをお見舞いし、不良の指を折り、芥川賞作家に蹴りを入れる姿が確認できる。“私は、曲げない”というコピーが掲げられたメインビジュアルも、まっすぐに見つめる視線が印象的だ。

また、実力派キャスト陣が集結しているのも大きな見どころ。響の才能を見出す女性編集者・花井ふみ役には北川景子、文芸部の部長・祖父江凛夏役にはアヤカ・ウィルソン。さらに高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生、小栗旬など豪華俳優陣に加えて、吉田栄作、北村有起哉の出演も発表された。

吉田が演じるのは、凛夏の父で大物小説家の祖父江秋人。そして北村は響が応募した新人賞の選考委員を務める芥川賞作家・鬼島仁を演じる。響に蹴りを食わされながらも、彼女の才能を認めていく役どころ。平手が演じる強いヒロインに登場人物のみならず、観た者全ての価値観を変える衝撃作となりそうだ。

『響 -HIBIKI-』
9月14日(金)より全国公開

【関連リンク】
『響 -HIBIKI-』予告映像
『響 -HIBIKI-』作品情報
小栗旬、平手友梨奈主演『響-HIBIKI-』出演決定 小栗「素敵な現場だと思いました」
欅坂46平手友梨奈映画初主演! 『響-HIBIKI-』出演者&公開日決定
吉田栄作 人物情報
北村有起哉 人物情報

[関連情報]
響 -HIBIKI-|映画情報のぴあ映画生活
Source: ぴあ映画生活

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account