[OH!バンデス – ミヤギテレビ] 2018年7月2日放送で底引き網業で摂れる深海魚について紹介していました。

仙台市宮城野区にある仙台うみの杜(もり)水族館で6月30日に特別イベント「深海生物を語る・触る・食う」が行われました。深海魚は水深200メートルよりも深い場所に住む魚類で、その多くは生体が謎だらけといわれています。

ヌメヌメ硬い
今回のイベントでは30種類が展示され、実際に触ったり、さらに食べたりと、深海魚をまるごと楽しむことができました。

実際にカサゴの仲間である「ニュウドウカジカ」を触ってみると、表面はヌメヌメしているのに硬く、見た目も決してかわいいフォルムではありません。ニュウドウカジカは海外では「世界一醜い生き物」という不名誉な認定を受けたことがあるそうです。

今回のメインイベントとして、大きな目が特徴の「オニヒゲ」という深海魚を揚げかまぼこにして試食していました。軟らかくて臭みがなく、見た目からは想像できないおいしさに参加者は驚いていました。

なかなか触れる機会がない「深海魚」。このような珍しいイベントはとても魅力的で、興味深いですね。(ライター:rin.)

【関連記事】ローカル鉄道の明日は… 「ひたちなか海浜鉄道」の試みから、地域づくりを考えるサマースクール
じゃ、行ってくるぜ… 頼れる背中のニャンコさん
気を付けて! この3連休、みずほ銀行はATM休止しますよ
もみじ饅頭だけじゃないんですよ… 広島出身記者のオススメ名産・土産
線香花火といえば、「スボ手」か「長手」か? 夏の風物詩に東西差
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account