<日本シニアオープン 3日目◇14日◇ニドムクラシックコース ニスパコース(6,829ヤード・パー71)>

国内シニアツアー公式戦「日本シニアオープン」の第3ラウンドが終了。大会3連覇がかかるシニアツアー賞金王、プラヤド・マークセン(タイ)がトータル4アンダーで単独首位に浮上した。

【写真】ウィニングパットを沈めて雄たけびを上げる谷口
シニア初参戦となるレギュラーツアー20勝の谷口徹は、2バーディ・5ボギーの「74」でホールアウト。スコアを3つ落とし、首位とは3打差のトータル1アンダー・2位タイで最終日を迎える。

谷口と並ぶ2位タイには、川岸良兼、寺西明、キム・ジョンドク(韓国)が入った。そのほか、倉本昌弘がトータル10オーバー・28位タイとなった。

【関連リンク】
松山英樹が参戦!欧州ツアーのリーダーボード
谷口徹の大会最年長V記録ってどれだけすごい?50歳以上のツアー優勝まとめ
日本シニアオープン 2日目の順位
【記者の目】タイトリスト『TS』投入1か月で欧米の1W使用者70人越え。【一番人気のスペック】は何?
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account