子どもに親の言うことを聞かせたいとき、子どもの行動をコントロールしたいとき、褒美をあげてみたり罰を与えみたりすることがあります。いわゆる“飴と鞭を使った躾”ですね。でも、これって効果があるのでしょうか?

なにげない言葉が子どもの脳を傷つけている「それだけは言っちゃダメ! 」な言葉とは

「テキトー母さん」流子育てのコツの著者の立石美津子がお話します。

飴と鞭とは

“飴と鞭(アメとムチ)”という言葉があります。相手に意欲を持たせたり、行動をコントロールするとき望ましいことをしたら飴(報酬)を与え、望ましくないことをしたら鞭を与えることです。

もともとは1880年代のドイツのビスマルクのとった国民懐柔策で、一方では弾圧法規を制定するとともに、一方では国民生活に役に立つ政策を実施したことからきています。鞭を前者に、飴を後者に例えた言葉です。

飴の効果(餌でつる躾)

具体例でお話しましょう。

習い事のサッカーの練習に行くのを嫌がっている子どもがいました。親は「なんとしてでも行かせたい」と思い、「帰りにコンビニで好きなお菓子買ってあげるから行きなさい」と毎回、甘い物で釣っていました。

まさに「飴で釣る躾」。そして、これが動機で子どもはサッカーに行くようになりました。

けれども…

次第に親は「いつまでもお菓子で釣って通わせるのはまずい」と思うようになりました。

そこで、ある日「今日からは帰りにコンビニに寄るのを止めることにします」と伝えました。

その途端、子どもはサッカーに行かなくなってしまいました。「お菓子がないとやらない」という習慣が付いてしまったのですね。

「頑張っているね」と言葉をかけたり、励ましたり抱き締めたりなどの言葉の報酬(飴)はいくらでもかけていいのですが、それが「お菓子買ってあげる」「ゲーム機買ってあげる」などの“物欲を満たす物”になってしまうと“餌ほしさに行動をする”ことから、いつまでも脱却できなくなりますので、注意が必要ですね。

鞭の効果(罰を与える)

同じくサッカーの練習を嫌がっている子どもがいました。親は練習を拒否していることに対して罰を与えようと考えました。

そして…

「サッカーに行かないんだったら、もう二度とお菓子買ってやらないよ」

「夕飯抜きよ」

「お誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントもなしよ」

と鞭(ムチ)を与える言葉をかけていました。更にぐずる子を叩くこともしていました。これで、子どもは恐怖を逃れるために練習に行くようになりました。

けれども、「やっぱり厳しくして罰を与えた方が子どもが反省した」と思っているのは親の錯覚なのです。

子どもは「サッカーをさぼる態度はよくないことだから、これからは改めよう」とは残念ながらなりません。ただ親が怖いから従っているだけなのです。罰がないと元に戻ってしまいます。

もしそんなに嫌がっているのならば、周りのお友達がみんながやっているからとか、流行りのスポーツだからとか、ママ自身がサッカーファンで続けさせたいという他人主体の軸を持たないで、「子ども自身が望んでいることなのか」と振り返って、続けること自体を考え直してみることも必要かもしれませんね。

かつてあった学校での体罰

別の2つの例を挙げてみましょう。

学校では昔はよく、給食を残したり、遅刻をしたり、私語をしたら廊下で立たせることが行われました。

けれども今は体罰として行われていません。世の流れかもしれませんが、子どもは反省するどころか「恥ずかしい」と思い、先生に対して反発の心しか持たなくなるからです。

もし、パソコンのキーボードを打つたびに電流(罰)が流れたらどうでしょう。

パソコンには向かいたくなくなりますよね。でも、実際、電流がながれるパソコンは存在しません。ボタンを押しても「自分が思ったような作業ができない」ことを通して正しい操作を学んで行きます。

これと同じで人は残念ながら、罰を与えられて「頑張ろう」とはならないのですね。

どう伝えればよいのか

だからといって何でも許していいことではありません。飴や鞭に頼らなくても「それはやってはいけないことだ」と叱り躾ければよいことです。

授業中私語をしたら「授業中は先生のお話を聞く時間ですから口は閉じましょう」とビシッと言えばいいのです。そこで叩いたり廊下に立たせる必要はありません。

家庭でも同様です。も食事を残したら『デザートは抜き』の罰を与えるような言い方ではなく、「全部食べたら最後にデザートにしようね」と言えばいいのです。

同じことを言っているように聞こえますが、受け取る子どもは「食べないために罰を与えられる」とは思わないから不思議です。

また、親を主語にしたり、食べ物を主語にして「せっかく作ったのに食べてくれないと悲しい」、「ニンジンが食べてほしいって言っているよ」というのも工夫の一つです。これも“罰”を与えていることにはならないですね。

餌で釣って教えないで

躾とは社会のルールを一つ一つ丁寧に教えていくことです。力づくで言うことを聞かせることではないのです。

飴でも鞭でも、子どもは親のやっていることを見ています。そして、それを真似するかもしれません。

どうしてかというと、「相手を自分の思う通り動かしやり込めるには、自分の立場や権威を使って相手をやり込めればよい」と親の後姿を通して学習してしまうからです。

さらに自分よりも立場の弱い友達に罰を与えたり、将来、自分が人の親なったとき、かつて親からされた方法を、あなたの孫になるであろう子どもにしてしまうかもしれません。

難しいかもしれませんが、飴と鞭の条件付きの躾はできるだけ止めていくようにした方が賢明かもしれませんね。皆さんはどうお感じになりますか。

【関連記事】
なにげない言葉が子どもの脳を傷つけている「それだけは言っちゃダメ! 」な言葉とは
【子育て】うちの子“悪い子”なの?問題行動の裏にある子どもの本音とその対処法
【しつけ】何歳からスタートしたらいい?遅すぎたケースとベストなタイミング
【子ども】「お菓子食べすぎ」でも大丈夫!? OK・NGのボーダーライン
悩めるママ必見!最短2日で赤ちゃんが夜早く&長く眠る「ねんねトレーニング」
Source: Ameba News

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account