20180914170349-7177571d0dd6963ee1eca026a8d6ee85e28335fb.jpg

2001年に上演され、大きな話題を呼んだ内場勝則プロデュース、後藤ひろひと作・演出の『四つの理由』。4つの血液型を描くオムニバスコメディであるこの舞台が、17年ぶりに2018年バージョンとして再演されることが決定しました。9月14日(金)には吉本興業本社にて、内場勝則、石丸謙二郎、大路恵美、後藤ひろひとが合同会見を実施。初演時と同じメンバーである4人が、再演にかける思いを語りました。

内場は、2017年に後藤ひろひと作・演出の舞台『FILL-IN(フィル・イン)〜娘のバンドに親が出る〜』で、素晴らしい演技を披露。東京・紀伊國屋ホールを連日満員にした同作に続く後藤とのコンビで、17年ぶりの再演を行うこととなります。今回の舞台、内場は4つの血液型を演じ分けるという難しい役どころ。ハーバード大学人文学部文化人類学科八尾南分校の教授兼清掃夫で、16年かけて入手した血液型占いの信憑性を裏付けるデータを元に検証、研究の果てに出された答えはいかに…というストーリーとなっています。

20180914170445-443c302e7a87d2fd8f8adcaae2220ec6cb05634c.jpg

4人で集まってみると、17年ぶりというのに全員がほぼセリフを覚えていたそうで、よりパワーアップしておもしろいものができたらいいなと内場。そもそもは17年前、内場が後藤に自分のものを何か書いてもらいたいとオファーしたのがこの芝居のきっかけ。初演と今回の違いについて質問されると、時代も変わっているので、いいものは残しつつ、背景などは変わってくるところもあると思うと語り、後藤との初めての作品であるので大事にしたい、とりあえずはずっと笑ってもらおうかなという面白い作品であることをアピールしました。

20180914170535-c5c3fb32156037e89f3228703c67f6bdf35cd96b.jpg

続いて今回の芝居にちなんで、自身の血液型を聞かれた内場はB型と回答。助けられることが多いのはO型と話し、後藤もO型であることに続けて「ウチの奥さんもO型、すごく助けられてます!と書いていてください」とリクエストするひと幕も。

20180914170609-1b23e74f073ba3569abd839e11c17a2bb43ac0d6.jpg

その後藤は内場の役者としての技術が上がっていることに言及。「17年前は大きな声だけが武器だった」と笑わせたあと、昨年の芝居についても触れ「大泣きする芝居をしてもらった、信頼関係がいい方向に変わってきてる」と内場の演技に太鼓判を押しました。

そして17年前のライブハウスでの初演を振り返りますが、客席をちゃんと設定していなかったため、3列目より後ろの人は見えなかったらしい、と告白。長い演劇人生の中で唯一「金返せ」とアンケートに書かれたことをずっと悔やんでいたそうで、この作品はちゃんとおもしろかったんだぞということを、17年かけてブラッシュアップしてお見せしたい、と意気込みを語りました。

20180914170703-b6cfbc35a1703779d06d115e2f801a4acbc4cb87.jpg

ストーリーについては「名優内場勝則が4つの血液型を演じ分ける、すごそうに聞こえるけど大したことない」と笑いを誘い、最初のA型は内場の一人芝居、次のB型は大路さんと2人、O型は石丸さんが加わって3人、最後のAB型で4人での芝居になることを明かしました。そして、初演では映像なども流していたものの、「今回はもっと落ち着いた構成でやるつもり」と、内容についても言及。さらに、今回やってみていい作品だなと思ったら続編も…とやる気十分の様子でした。

20180914170740-8b264b3c6023e8ed09cb6e561dbbde4555cd4429.jpg

石丸さんは、これまで舞台をやってきた中で、「あれ、もう一回やりたいな、と思う芝居の筆頭」と、この芝居をベタボメ。いつかやろうと言っていたのが17年ぶりに実現したとうれしそうに語り、本来なら1カ月ぶち抜き公演をやりたいくらいの勢い、とやる気をみなぎらせていました。そして、この舞台で仲間4人とできるのがどんなに楽しいか、明日本番にならないかと思うくらい楽しみとうきうきが止まらない様子。役者・内場については天才と思うことがあると話したあと、「稽古場の面白いこと! この人すごいな〜と思いながらやってます、稽古場にお客を入れてお金を取りたいくらい」と笑わせました。

20180914170812-7d87c59e09b2e04c7758aeabffe76d2f509947b0.jpg

大路さんは「また楽しい舞台に呼んでもらえてうれしい」と笑顔。自分自身が1ファンとして楽しみであるとともに、演者としてもがんばりたいと抱負を語りました。17年という時間については、体力も落ちてきたりするけど、あの楽しい舞台で、皆さんに会えてうれしいという気持ちだけは全然変わらないと笑顔で話しました。

20180914170858-2ca5ad277dd28409fd928cd6b0e2475f3d56525a.jpg

そんな4人が口をそろえたのが「17年ぶりなのに、お互いがびっくりするほど変わってない」ということ。しかし、後藤が「稽古に入ったらまた変わるかも」と話すと「衰えが出てるかも!」「(動きが)遅ッ!とか?」と盛り上がります。内場は「全く同じメンバーでやれるのがうれしい、このメンバー以外は考えられない」と語り、前よりもっともっと楽しんでもらえると思う、と自信をのぞかせました。

20180914170946-3baeb01e61df46b408a9507f0bc8bef8c787cbd5.jpg

20180914171019-c9cde2080ca1080c06f8bdb937dd8abc7347c0a3.jpg

後藤は「当時は力任せ、ノリでやったこともいっぱいあった」と振り返り、いろんな失敗を経験した上でじっくり取り組める、と今回の芝居は手応え十分の表情。内場も「新喜劇とは全然違う、その辺も違う刺激があって楽しい」とやる気を見せていました。

20180914171119-f2a99f741206bf87f189ef5928ada5c2c76dc6b0.jpg

東京、大阪で開催される「四つの理由」。普段の新喜劇とはまた違った表情を見せる内場の演技は要注目。17年ぶりの再演となるこの舞台、絶対に見逃せません!

【内場勝則】【後藤ひろひと】

20180914171256-6824989b843a973a1d2c3dcf9ffdce557cabdca8.jpg

四つの理由

◆出演

内場勝則、石丸謙二郎、大路恵美、後藤ひろひと 

◆公演日時

11月9日(金)

18:30開場、19:00開演

11月10日(土)

14:00開場、14:30開演

18:00開場、18:30開演

11月11日(日)

12:30開場、13:00開演

16:00開場、16:30開演

◆会場

YES THEATER

住所:〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

TEL:06-6630-0220

◆公演日時

11月16日(金)

14:00開場、14:30開演

18:00開場、18:30開演

11月17日(日)

12:30開場、13:00開演

16:00開場、16:30開演

◆会場

あうるすぽっと

住所:〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F

TEL:03-5391-0751

 

◆料金

前売 5,000円、当日 5,500円

◆チケット取り扱い

・チケットよしもと 0570-550-100【公演Yコード:506177】

http://yoshimoto.funity.jp

発券・直接購入⇒ファミリーマート

・チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:489-150】

発券・直接購入⇒サークルK・サンクス、セブンイレブン、ぴあのお店

・ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:57579】

発券・直接購入⇒ローソン、ミニストップ

◆主催

吉本興業株式会社

◆企画・制作

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

●都合により出演者が変更になる場合がございます。

●ビデオ・カメラ、または携帯電話等での録音・録画・撮影・配信禁止。

●5歳以上有料。4歳以下は保護者の膝上鑑賞1名のみ可。お席が必要な場合は有料。

【チケットのご予約・お問合わせ】

・チケットよしもと予約問合わせダイヤル 0570-550-100

 24時間受付 ※お問合わせは10:00~19:00

Source: よしもとニュースセンター

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account