20180915125530-c46a0fd6ea7f61bfad026c023c8c58377d2a62d4.jpg

9月14日(金)、大阪・YES THEATERで『レイザーラモンRG/椿鬼奴 W RELEASE SLENDERIE TOUR』が行われました。大阪を皮切りに東京、岡山、愛知、福岡と巡るこのツアー、温かいファンに迎えられ大いに盛り上がり、幸先よいスタートとなりました。

6月に藤井隆が主宰の音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」から初のシングルCD『いただきます』をリリースしたレイザーラモンRGと、9月12日(水)に1stミニアルバムを『IVKI』をリリースし、ソロデビューした椿鬼奴。藤井隆も司会を担当し、会場を盛り上げました。しかも、オープニングにはまさかの大物二人もお祝いに駆け付け、お客様にサプライズを。藤井も感極まっていました。

20180915125130-5551f88e554aee332371930e4be8a59c3313090e.jpg

RG、鬼奴それぞれのライブの前には、藤井が『ナンダカンダ』をはじめ楽曲を披露。自らを「前座」と称し、会場の熱気をあおりました。「皆さん、本当にありがとうございます。大阪ではなかなかイベントができなかったので、リリースツアーで来ることができてよかったです。しかも、初日の大阪は最初にチケットが完売になったんです!」と満席の会場を見渡す藤井。お客様ともコミュニケーションを取り、和やかな雰囲気に。

20180915125147-6caedb6d9f9068dec7e96ff88a82373b655abad4.jpg

「大阪から始められて本当にうれしいです! 何かを始めるとき初日にいい経験をするとその後もよくなるんです!」と手ごたえも感じています。RG、鬼奴のリリースツアーでありながら、自分もピリピリしていて…と今の心境を明かしながら「こういうことをやります!と言って皆さんが来てくれて、本当に頑張れます。RG、鬼奴をもっともっとよろしくお願いします!」とご挨拶しました。

そしてRGがリリース以来おなじみとなったパンダが乗った衣装で登場、『DO THE パンダッ! feat. MAGiC’PANDA’BOYZ』を披露しました。会場にはパンダのぬいぐるみやパペットを持参したお客様もおり、パンダ同士をくっつけてのコミュニケーションも。勢いそのままに「大阪にエールを」ということで、「関空あるある」を一つだけ、言いました。そして、関空だけでは不公平だと「伊丹空港あるある」も飛び出し、通常1曲につき1つの「あるある」が、そのまま「新大阪あるある」「なんばあるある」とあるあるを連発。サービス満点のステージで魅せました。最後はm.c.A・Tさんプロデュース、演歌×クラブミュージックの新ジャンル「演歌 TRAP」に食育を掛け合わせた『いただきます』を。会場に集まったファンの方の間では「いただきますポーズ」もすっかりおなじみ、RGとあうんの呼吸で一体感を生みました。そしてダンサブルながら厳かな空気も醸し出し、その光景に「美しい…」と感無量のRG。その場に居合わせた誰もがありがたい時間を過ごすことができました。RGのライブが終わると藤井がステージに飛び出し、「今日のステージを目に焼き付けました! 忘れません!!」と声を弾ませました。そして「聞けば聞くほどすごい曲だなって思います。楽曲を提供してくださったm.c.A・Tさんのパワーはすごいですし、それを乗りこなすRGくんもすごいです!!」と賛辞を贈りました。

20180915125201-efa2bf5b681aa610e01adf0e680a21de59b89657.jpg

20180915125509-46513819ed36f8a3ac1442d721e2554cc5ae6d61.jpg

続いて椿鬼奴です。架空のアニメ『超空のギンガイアン』の劇中歌集というコンセプトで制作された『IVKI』より、アルバムプロデューサーでもある堂島孝平さん楽曲提供の『運命のリビルド』、MEGUMIこと声優の林原めぐみさんが作詞した『Brace yourself』など全4曲を披露しました。『超空ギンアイアン』のキャラクター、「伊吹・レッドスター」の声を担当している(という設定の)鬼奴。藤井とのトークでは、伊吹・レッドスターの名台詞も飛び出し、会場を沸かせました。また、林原さんにお会いした時のことも振り返り、「林原さんは私にとっては雲の上のような方で、芸人をやっていてお会いすることなんてないと思っていたのですが、藤井さんのおかげでお会いすることが出来て、第二期『超空のギンガイアン』オープニングテーマ曲の歌詞も書いてもらうことができました」と嬉しそうに話しました。そのほか、ライブでは初めて歌うという楽曲もありましたが、圧巻の歌唱力で聞かせました。『運命のリビルド』では先日、東京・池袋で行われたリリースイベントでも登場した「地球玉」もステージへ。鬼奴考案の「地球玉のいろいろな持ち方」も披露されました。また、宇宙生物・ルキアンもツアーに帯同するということで、MCではルキアンと藤井、鬼奴とのやり取りに会場も和みました。最後の楽曲では藤井、RGもステージへ登場し、ダンスでさらに盛り上げました。

20180915125220-b4b324d43901bd2d2da5c6774526179a31559bc5.jpg

20180915125227-bc6967cad2f5602d252d60f1f7f02c4403c391ca.jpg

アンコールでは「大阪の皆さんが盛り上げてくださると信じていました! 本当にありがとうございます!」と藤井。鬼奴も「『超空のギンガイアン』というアニメはありませんが、劇中歌のアルバムも、公式サイトもあるんです!」と、その世界観に乗っかって楽しんでほしいとアピール。そして「びっくりするような方々にアルバム『IVKI』を作ってもらいました」と豪華な製作陣に支えられたことに感謝の気持ちを表しました。RGは堂島孝平さんのSNSでの一言を紹介して鬼奴をさらにサポート。3人の強固な絆も感じられるステージとなりました。そしてライブでは初めてという楽曲と、藤井、RG、椿鬼奴による音楽ユニット「Like a Record round! round! round!」のシングル曲『Kappo』を披露し、記念すべきツアー初日を成功の裡に収めました。

20180915125239-0e1f20704b6d66e2d2b9dfb8f8d67b69ddc572dc.jpg

【藤井隆】【レイザーラモンRG】【椿鬼奴】

Source: よしもとニュースセンター

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account