9月15日(土)、東京・有楽町スバル座にて、『きらきら眼鏡』初日舞台挨拶が行われ、ダブル主演の金井浩人と池脇千鶴、そして安藤政信さん、犬童一利監督が登壇しました。

20180915173211-4440178d5db4fe66f7ddd27e2c18e669b3d04e0d.jpg

森沢明夫の同名小説を実写化した本作では、恋人の死を乗り越えられない青年・立花明海(あけみ)を金井が演じ、余命宣告を受けた恋人を持つ池脇演じる大滝あかねの交流を描く人間ドラマで、あかねの恋人・木場裕二を安藤さんが扮しています。

大きな拍手で迎えられた登壇者たちは、まず「お足元が悪い中、お越しいただき、ありがとうございます。これだけの多くの方に見ていただけて、ホントにうれしいです」(金井)と雨模様のなか、来場した満員の観客に感謝の言葉を。

20180915173235-79ee4bad993b47a7aa19e2e8155d049f463f62e9.jpg

犬童監督は自身のワークショップで金井と出会ったそうで、「雰囲気、目と声ですね」「今回の明海という役に、そのまんまというか、それしかイメージできなくなって」と主役に抜擢した理由を語りました。

その金井は、本格的な映画デビューにして主演のオファーを受け、「ビックリしたというか、頭が真っ白になるということはこういうこと」「うれしかったと同時に、プレッシャーというか、怖かった」との衝撃を受けたらしく、池脇、安藤さんという共演者を知ると、「マジっすか」とさらに驚いたとか。

20180915173236-792fde53d0bed1ec87ec9ba61af18044248dfd96.jpg

20180915173231-f56428c2e6e243218225c539deb01da55e222632.jpg

続いて池脇は、自身が演じるあかねについて「やっていくうちに、”あれ、これは結構いやな感じに映るかな”って」と思案するようになり、スタッフや取材でも「あかねって小悪魔だねって」と言われることが増えたそうです。

20180915173231-bda04c57c8164a204b7ccac565053dd090eeb549.jpg

あかねのそうした印象について、金井は「ホン(脚本)読んでてもまったく思わなくて、男だからですかね」とコメント。

20180915173237-bb41a1ed4483e44069578856c668987a8248a51e.jpg

舞台挨拶の後半は、安藤さんの独壇場”安藤政信劇場”と化します。
まず、9月7日(金)に、物語の舞台で、映画のロケ地にもなった千葉県船橋市内のTOHOシネマズららぽーと船橋での舞台挨拶について、自身の役名を忘れたりしたことを反省し、「忙しさに、僕も人なんで、ナーバスになってしまって、イライラして舞台に立ってしまいまして」「先週はホント申し訳ございませんでした」と謝罪。

20180915173230-144acc7d8944e2641ba7e2657755a3857263394b.jpg

次にクランクイン前、「1日の30%くらいはふざけて生きているんだけど、ふざけて入ったら、池脇千鶴に絶対怒られる、芝居として相手にされないと思ったので、本気でちゃんとやってみようと思いました」と回想し、池脇は「そんなの微塵もわかりませんよ(笑)」と返し、笑いを誘います。

「『きらきら眼鏡』をかけていると思う瞬間は?」との質問には、本作の宣伝を兼ねた取材が重なり、「1日10本くらいやらされて(笑)、1日10本だとなかなか言うこともなくなってくるので、自分なりにネタを探さなきゃなと思って」と切り出し、いきつけのコンビニエンスストアで、1本152円の缶チューハイに対し、10円多い162円を支払い、店員の反応を伺ったとか。
すると、店員はそのままお金をレジにしまい、「あ、『きらきら眼鏡』をつけてない。でも、それを試した俺も、『きらきら眼鏡』に出ておいて、かけてないんじゃないかと思って(笑)」とのカミングアウトで場内爆笑!

20180915173231-36b670a7b7da9325d12b7da22c9f551f2c790af7.jpg

さらに、昨日は、バスの乗り換えで困っている様子の老夫婦を案内し、胸中「これで今日も『きらきら眼鏡』の話できる」と思ったエピソードや、一昨日、警察が自宅に2人来て、「4歳の女の子を連れ込んでいる」といった通報が入ったエピソードを語り、「うちの子だし。そういうイタズラをしないように、発信してください」と取材陣に呼びかけます。

そして安藤さんは「これはアルマーニのスーツです。今日の舞台挨拶のために作ってくれたんです。これも発信お願いします」とアピールして、最後は「このメンバーで25分やるのは大変だなと思って」と、話題を仕込んできたことを告白。

その甲斐あって、フォトセッション中も、取材陣から「安藤さん、もう少しです」といった安藤さんへの”いじり”で大盛り上がりとなりました。

20180915173305-3151aa2bffc1f00c60091441271e8fd35397edd0.jpg

最後に犬童監督は「劇場を出たあとに、みなさんの日常が少しでも『きらきら』していたらと思って作った映画です。これからも成長をみなさんと一緒にさせていただいたらと思っています」と締めくくりました。

【金井浩人】【池脇千鶴】

Source: よしもとニュースセンター

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account