2018年10月10日、ポケモンGOに第4世代「シンオウ地方」のポケモンが実装されることが明らかになった。第3世代「ホウエン地方」のポケモンが実装されてから1年弱……ついにこの時がやってきた。

現在のところ詳細な実装日時は明かされていないが、発表があったということは「もう間もなく」と考えて間違いないだろう。今回は「シンオウ地方」実装に備え、これまでに登場済みのポケモンの中から「確保しておくべきポケモン」をまとめてお届けしたい。

・2つの重要な変更

公式発表では「シンオウ地方のポケモンの登場」の他、以下のように告知されてる。

「今後数週間にわたり、ゲームバランスにおける2つの重要な変更を実施する予定です。この変更はトレーナーの皆さんからのフィードバックを参考にし、ゲームプレイ全体の遊び心地がより改良されるようにデザインしています」

重要な変更……? しかも2つ……。内容が気になるところではあるが、英語版の公式サイトによると「CP」や「HP」に調整が入るようだ。追って日本語版でも情報が発表されると思われるので、しばし情報を待とう。それよりも今回は “いまからでも確保しておくべきポケモン” をご紹介するぞ。

・確保しておくべきポケモン一覧

そのポケモンたちは既に実装済みで、第4世代になると進化先が増えると予測されている。21種類となかなか多めではあるが、これもトレーナーの宿命(さだめ)……。強力なポケモンたちを手に入れておこう。

レアコイル(コイル) →「ジバコイル」に進化

ベロリンガ →「ベロベルト」に進化

サイドン(サイホーン) →「ドサイドン」に進化

モンジャラ →「モジャンボ」に進化

エレブー →「エレキブル」に進化

ブーバー →「ブーバーン」に進化

イーブイ →「リーフィア」「グレイシア」に進化

トゲチック(トゲピー) →「トゲキッス」に進化

エイパム →「エテボース」に進化

ヤンヤンマ →「メガヤンマ」に進化

ヤミカラス →「ドンカラス」に進化

ムウマ →「ムウマージ」に進化

グライガー →「グライオン」に進化

ニューラ →「マニューラ」に進化

イノムー(ウリムー) →「マンムー」に進化

ポリゴン2(ポリゴン) →「ポリゴンZ」に進化

キルリア(ラルトス) →「エルレイド」に進化

ノズパス →「ダイノーズ」に進化

ロゼリア →「ロズレイド」に進化

サマヨール(ヨマワル) →「ヨノワール」に進化

ユキワラシ →「ユキメノコ」に進化

どのポケモンがどれほど強くなるかはさておき、「エレブー」や「ブーバー」「モンジャラ」など、第1世代からほとんど見せ場のないポケモンが進化するなんて胸アツすぎるではないか。また、キルリアは現在のレイドバトルでゲットできるので、今のうちに抑えておきたいところだ。

とにもかくにも、もう間もなく第4世代「シンオウ地方」のポケモンが実装されることが確定した。「ミュウツー」や「デオキシス」で盛り上がる中でのさらなる一手で、ポケモンGOがますます面白くなることだけは間違いない。トレーナー諸君、上述したポケモンたちを揃えつつ続報を待たれよ!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account