no title

 飼い主がおやつを準備した。
 いつもみたいにぽ~んて投げて、お口でキャッチすればいいやつだ。

 犬はワクワクしながらおやつが投げられるのを待っていた。
 その横で、猫はまったくの知らんぷり。

 だがキラ~ン☆

 頭の中では、弧のカーブ曲線のR測定及び、投げられる速度など、物理法則を使った緻密な計算をしていたのかもしれない。そして投げられた瞬間、猫は動いた。

 計算は完璧、作戦は成功するはずだった。
 ところが…思いもよらぬ展開が待ち受けていたのだ。

続きを読む

Source: カラパイア

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account