KANOJO25

774: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/01(火) 02:27:20.66 ID:DfH5GJZM
        /”⌒\ 
      ,,..’ -‐==””フ  / 
       (n´・ω・)η ふたりをとめてー 
       (   ノ   \ 
       (_)_) 
     ~”””””゛”゛”””・、 
 ””゛”””””“”゛゛”””’ “j’ 
 :::::ヘ :::::….ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::……ノ:;;..:::::::ヽ 

昔付き合ってた人は、ナチュラルに男尊女卑っぽい人だったのだが 
たまにイラッとくるものの、そこまで受け入れられないほどではないので 
あまり気にしないで付き合っていた。 

ある時、彼の実家にいって、お母さんに会った。 
お母さんは素朴で飾り気がない感じ。わりと無口なタイプらしいのだけど 
テーブルにあった本がお母さんのもので、私も持っている本だったこと、 
その作家をふたりとも好きなことがわかったら、ニコニコしてて、いい人だなあとホンワカした。 
すると、彼がやってきて突然「おい、お前今日なに作るんだ」と言った。 

え?と思ったら、彼はお母さんに対して「今日の夕食はなんだ」と言ってたらしい。 
そして私に「こいつと話すと馬鹿がうつる」「同じ本?お前もこいつと同じレベルかよw」と言った。 
それを聞いたら、なんかスッと冷めた。 



続きを読む

Source: 恋愛速報2chまとめサイト

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account