renai_sokuho_love (27)

368: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/20(金) 21:07:36.49 ID:ldHzNpMS
年下の元彼に冷めた話。 
「俺、この街に詳しいから今度ここでデートしよう!案内するよ」と言うので、その街でデートする事にした。 
詳しいと言うからにはデートプランは彼が決めてくれるのかと思いきや、「いいところがないか調べといてよ☆」と言う元彼。 
あれ?と思いつつ、いくつかのデートプランを考えて、「ベタだけど○○とか、時間はかかるけど××はどう?」と提案した。 
すると、「ベタすぎて吐き気がするわwまぁプランなんてどうでもいいから、当日適当にブラブラしよう」と言う元彼。 
一応調べた私としてはイラッとしたが、我慢した。 
当日、彼が遅刻してきて、予定していたレストランAでランチができなくなった。 
なのに「ダッシュで行って頼みこめばなんとかなるよ☆俺の笑顔にかかれば大丈夫」とか、ふざけた事を抜かす元彼に一冷め。 
次に調べたレストランBに向かう途中で「あ!レストランCだ!俺ここがいいから入ろう」と、強引にレストランCに決める元彼に二冷め。 
食事は美味しかったが、レストランを出てブラブラしていると「あ!同じ学校の○○だ!ぜってー○○だよ!マジヤベーw」という元彼に三冷め。 
客引きやティッシュ配りにいちいち笑顔で「ありがとうございまーす☆」という姿にも四冷め。 
「いちいち相手しないで無視すればいいのに」と言うと、「無視するより話聞いてあげた方がいいだろ☆」と言う彼に本冷め。 
なんか、間違ってはないけど、色々根本的な価値観が合わないんだなーと感じた。 
自分の価値観がすべてというか、学生時代のノリを引きずってたり、世渡り上手なオレ☆みたいなところに冷めて別れた。 
実際は世渡り上手なんかじゃなく、愛想がいいから最初はいいけど、適当で軽薄だから嫌われて職場でも嫌われてたらしい。



続きを読む

Source: 恋愛速報2chまとめサイト

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account