tatoo1

image credit:YouTube

 感謝の気持ちを伝えるときに言葉だけでなく贈り物をしたり手紙を書いたりする人は多いが、アルゼンチンの若者はものすごく大胆な方法を選んだようだ。

 コルドバ州の州都・コルドバの南東333kmに位置する町、アレホ・レデスマに住むナノ・サルゲロさんは数ヵ月前、地元の医師に大腸がんと診断された。

 緊急手術を受けるため都市部の病院に搬送されたナノさんは、そこで医師歴42年以上のベテラン腫瘍外科医、ポール・ラダ先生に担当してもらうことになった。

 手術は無事に大成功!ナノさんは順調に回復してすっかり元気になり、なんとかラダ先生に感謝の気持ちを伝えたいと思い切った行動に出た。

続きを読む

Source: カラパイア

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account