12月8日(土)、よしもと漫才劇場にて、霜降り明星単独ライブ「マッハパンチ」が開催されました。今年2月から毎月、単独ライブを行い、『M-1グランプリ2018』に向けてネタと腕を磨いてきたふたり。その甲斐あってみごと優勝を勝ち取り、この日で”月イチ単独”もひとまず最終回に。客席にはチャンピオンの舞台を見ようと多くの観客が集まり、立ち見スペースまでぎっしりの超満員となりました。

オープニング、霜降り明星が舞台に上がると、場内は割れんばかりの拍手! ふたりはガッツポーズで応えますが、なかなか鳴り止まず、「めっちゃうれしい!」と喜びを爆発させます。「毎月(単独ライブを)やってきて、ここで生まれたネタで日本一になりました!」とせいや。決勝1本目で披露した豪華客船のネタについて、「ボケを入れ替え何度もやったので、お客さんも『あのネタ仕上げてんな』と気づいてたはず。試しすぎてどんどんおもんなくなってた」と話し、「皆さんに付き合ってもらい、好きなことをやらせてもらってきた」と改めて感謝を述べました。

20181209110035-efe68c3a34c105f2df0c1a95b6868eddbe0d9730.jpg

トークでひとしきり盛り上がったあとは、そのまま漫才に突入。なんと件の豪華客船のネタを、粗品がボケてせいやがツッコむスペシャルバージョンで披露しました。遊び心あふれるプレゼントに観客は大喜び。ひとつツッコミが入るごとに拍手が起こり、粗品の大奮闘も爆笑を呼びます。

20181209110135-a507dd40ca81d754bf6f56f1fc94dcc4c3b5e954.jpg

20181209110159-4d53398e718ec613dc439b5452f0042c8f3ba1cb.jpg

2本目の冒頭、先ほどのネタでヘトヘトになっている粗品は、横っ腹を押さえたまましばし動けず。それを見たせいやが「粗品楽やわ〜。粗品ええわ〜」とツッコミ役の感想をつぶやき笑わせます。ネタでは引っ越し業者に扮するせいやが、粗品宅の引っ越し作業でやりたい放題!

中盤からは「モンスタートークSP」と題し、ちょっぴり長めのトークコーナーを。開演前に行ったアンケートで質問を募り、それをもとにガチンコトークを展開していきます。M-1にまつわる質問にあれこれ答えるなか、せいやは先ほどの粗品の疲労困ぱいぶりに触れ、「ぜひ職業体験でせいや(役)をやってほしい」と突然の呼びかけ。客席からひとりの男のコが立候補し、最終決戦で演じた学校のネタから、歴代校長の写真のくだりを再現することに! せいやの厳しい指導(?)も入りつつ、「7代目ひょうきん者」のポーズをしっかり決めた彼に、大歓声が上がりました。

20181209110334-9fd549921aaa1a6d3ce827edeff30916d9fe1faa.jpg

「優勝後、どんなメッセージが届いたか?」との問いには、せいやがスピードワゴン・小沢一敬さんから届いたおもしろくも感動的な祝福メッセージを紹介します。「優勝して忙しくなったか?」と質問されると、粗品は最近、飛行機に乗ったときに遭遇したハプニングを披露。シートベルト着用サインが出たのにトイレにこもっている客がいた、という緊迫かつ爆笑のシーンをリアルに再現しましたが、実はその客がせいやだったという衝撃のオチでも笑わせます。せいやサイドからの証言も飛び出し、場内は笑いの渦に。

20181209110425-195209455a104d894d0f27c15434f460ca304c9c.jpg

「最近、ムカついたことは?」というシンプルな質問も。粗品は”ある条件”を満たしたオッサンには変な人が多い、という持論を展開。さまざまなオッサンの奇行目撃談を並べ、その説を立証していきます。その後、せいやから空港の保安検査場での出来事、粗品から迷惑メールにまつわるエピソードも飛び出しました。

また、せいやが高校時代にいじめられていたというエピソードが、SNSやメディアで取り上げられていることについては、「かわいそうという風潮はイヤ。ぜんぜんムカつかなかったし、ラッキーという感じだった」とキッパリ。すべてにボケで返していたという当時の様子を笑い満載で振り返り、「いつかテレビでがっつり語りたい」と宣言していました。

20181209110456-187e5068d07a61638f2b84dfe1b00ad39eb9eb60.jpg

さらに粗品へは「これからもギャンブルを続けるのか?」という質問が。かつて800人超の若手芸人が挑んだジャンケン大会で優勝した粗品は、その後、よしもとイチの強運の持ち主・西川きよしとの対戦でも勝利。その運を生かそうとギャンブルを始めたことを告白します。さらに、強運か不運かわからなくなるゲームセンターでのエピソードも交え、大いに笑わせました。

最後のネタでは、「芸人をやめたらバンドをやりたい」というせいやと、「先生の道に進みたい」という粗品が激突。めまぐるしく攻守が入れ替わるハイテンションな漫才で、またまた爆笑を巻き起こし、この日のライブは幕となりました。

20181209110906-e9862860f3a8682f80b49f86acc602fc6b6e10ad.jpg



【霜降り明星】【粗品】【せいや】

20181209110838-31a2c173bed74a118de25f0c2878e090fb6a926f.jpg



Source: よしもとニュースセンター

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 KLEO Template a premium and multipurpose theme from Seventh Queen

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account